どのレインウェアを選べば良いか迷った方へ、選び方のポイントをご紹介します。

こだわり条件で探す
雨合羽やレインウェアのご購入履歴の参照・再注文はこちら

ご購入履歴を確認し、再注文ができます!

レインコート・合羽のメールでのお問い合わせはこちら レインコート・雨合羽専門店カッパライフを初めてご利用の方へ

レインウェア選びに迷った方へ、雨合羽選びのポイントをご紹介します


レインコート・合羽・レインポンチョなどのピックアップ


早くレインウェアが欲しい方へ!即日発送が可能なカッパを豊富に揃えました

すぐに合羽が欲しい方必見!即日発送可能の合羽を揃えました!

注目の新商品の合羽をご紹介!

新しく入荷したレインウェア特集!アウトドアからイベント、仕事用まで多数揃えています!即日出荷可能な商品もあります。

大口割引やサンプル無料貸し出しなどお得な法人様向けサービス

大口割引・後払い決済など法人様向けサービスを提供しております。

レインコートやレインスーツのfax専用注文書はこちら 雨合羽のfax注文書ご記入例はこちら
大きいサイズのレインスーツ特集。BL・BEL・BLLまで揃います

大きいサイズの合羽が必要な方必見!3L〜5LからBL〜BELまで揃えています!

レインパンツ特集。通勤・通学・作業用など様々に使えます。パンツだけの買い替えにも最適です。

パンツだけ買える!通学・通勤から作業まで使えるパンツ特集!

クレジット決済について お気軽に相談下さい!合羽店長の紹介はこちら

レインコート・雨合羽専門店【カッパライフ】営業日・カレンダー

2017年 02月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28     
今日
定休日
2017年 03月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
定休日
配送料

【送料500円(税別)】
東京、神奈川(横浜、川崎)、千葉、埼玉(さいたま)、茨城、群馬、栃木、山梨、 静岡、長野、新潟、福島、宮城(仙台)、岩手、山形、秋田、青森、大阪、京都、 兵庫(神戸)、奈良、滋賀(大津)和歌山、三重、愛知(名古屋)、岐阜、富山、 石川(金沢)、福井(敦賀)、岡山、広島、鳥取、島根、山口、香川(高松)徳島、 愛媛(松山)、福岡、佐賀、長崎、大分、熊本、宮崎、鹿児島

【送料1,200円(税別)】
北海道(札幌)

【送料1,500円(税別)】
沖縄、その他離島

トップページへ戻る
 

レインウェア選びのポイント

レインウェア選びのポイントをご紹介します

レインウェアの性能について

利用するシーンによって求められる性能は変わってきます。その性能は目安となる要素は大きく分けて3つあります。



)豹綫能 撥水性能 F湿性能




)豹綫能


防水素材の構造は、生地の裏面に防水素材をラミネート(コーティング)し隙間なく覆う事で雨の浸透を防ぎます。 さらに縫い目の裏にシームテープを貼り水の侵入を防いでいます。(ウエルダー商品には一部を除き不要)その防水性を数値化したものを、耐水圧といいます。



耐水圧とは?
生地にしみこもうとする水の力を抑える性能数値で、レインウェアの生地がどれくらいの水圧に対して耐えられる防水性を持っているかを表します。
例えば、耐水圧20,000mm(20m)であれば、生地の上に1cmの四方の柱を立て、柱の中に水を入れて20,000mm(20m)までの高さに入れた水の水圧に耐えられるという事になります。(JIS規格)



具体的に例をあげると…
小雨…約500mm、中雨…約1,000mm、大雨…約1,500mmといいます。
体重75kgの人が濡れた場所に座った場合約2,000mm、濡れた場所へひざまずいている場合約11,000mmとなります。レインウェアは座ったり、リュックを背負う事により、一部に相当の握力が加わるので、 高い耐水性が要求されます。



耐水圧が10,000mmあれば普段使いでは十分な性能と言えそうですが、登山などのハードな用途では最低でも20,000mm以上が必要と言われているそうです。


⇒つまり雨を防ぐ上で最も大事なのは、防水性能(耐水圧)なのです!


防水機能に優れたおすすめのレインウェアはこちら!!

機能性と防水力を徹底的に追求!耐水圧10,000mmのかっこいいレインスーツ。

商品はこちら

20,000mmの耐水圧を発揮する、高い防水力と耐久性を兼ね備えたレインスーツ。

商品はこちら

耐水性15,000mm!プロフェッショナル仕様の高品質のレインスーツ。サイズ展開も豊富です。

商品はこちら

撥水(はっすい)性能


撥水の構造は、生地の表面に撥水剤(シリコン樹脂・フッ素樹脂)で繊維の一本一本を包み込ませ疎水性にする事で 表面に付着した水滴を玉状にはじかせる性能の事です。生地の折り目の隙間が残る為、通気性は残っています。 撥水性がしっかりとしたレインウェアの場合、ついた水は水滴となってコロコロと落ちていきます。使用したあとは軽く振るだけで水分が取れますので、撥水性があればより快適にご使用いただけます。

※一般的なヤッケやウインドブレーカーのように、撥水性はあるが、防水性がないものに関しては水量の
水は弾きますがすぐに染みてきてしまい、レインウェアとしては使用できないので注意してください。


⇒このように水を弾く撥水性が快適度を向上させるのです。

撥水機能に優れたおすすめのレインウェアはこちら!!

自転車用のカゴまで覆える、専用のクリップを装備!便利な充実機能が満載のかごまで覆えるサイクルポンチョ。

KM-7470はこちら

軽作業・農作業もスタイリッシュな着こなしで!1枚あると便利なリーズナブルなヤッケ特集です。

ヤッケ特集はこちら

F湿性能


体中を防水素材で覆えば、内側からの汗で体が濡れてしいます。そこで雨を防ぎ体から出る汗や上記を外に逃がす素材性能を透湿性といいます。
透湿性能の表現は、素材1平方メートルあたり24時間に何gの水分を透過したかを数値で表します。


発汗量の目安は、大人一人が安静にしている時に1時間あたりに放出する発汗量は50g、軽い運動で500g、ランニングなどの激しい運動をはじめると1,000gにもなります。

※透湿性能は「透湿度」という
(g/屐24hrs)で表します。


当店のレインウェアでは、エントラントシリーズが最も透湿性に優れた蒸れにくい商品となりますが、ランニングのような大量に汗をかくシーンにおいては、 残念ながら蒸れてしまいます。しかし、ウォーキングや自転車通勤・通学程度の軽い運動ならば蒸れにくさを実感していただけるかと思います!


透湿機能に優れたおすすめのレインウェアはこちら!!

総合部門人気NO1!年間3,800着の販売実績の大ヒット商品!東レエントラントレインコート。

商品はこちら

軽くて蒸れない!ポップな蛍光カラーが人気の超快適!東レ ブリザテック レインスーツ。

商品はこちら

官公庁御用達の、デザインと機能性に優れたゴアテックスレインマイスター(上下)。

商品はこちら

以上が性能に関する説明になりますが、性能面以外にも軽さや耐久性など、人によって重視するポイントが違ってくるかと思います。使われている素材によって特徴が異なりますので、下記の表を参考にしてください。

Material素材別比較表

PU PVCラミネート PVC EVA ナイロン・ポリエステル
防水性
撥水性
透湿性 一部の商品にあり
耐久性
重量 軽い 重い 重い 軽い 軽い
用途 レジャー、ウォーキング、ゴルフに 通勤通学などあらゆる用途に 廉価版で軽作業、レジャーに コンパクトなので旅行やレジャーに 風や汚れを防ぐ野外での軽作業に




レインウェアのお手入れについて

使用済みのレインウェアをお手入れをせずに放っておいたり、間違った保管をしていると、性能の低下が早まり寿命が短くなる恐れがあります。 そうならない為のお手入れについてご紹介をします。

着用後のお手入れ方法
・着用後に付着した汚れは、その日のうちに水で洗い流して下さい。
・洗剤は基本的に手洗いで行い、もみ洗いはしないでください。
・中性洗剤をご使用の上、すすぎは十分に行ってください。
・洗濯後はハンガーなどに吊るして陰干しを行ってください。
・タンブラー乾燥や、ドライクリーニングは絶対にしないでください。



保管方法
・車の中やトランクなど高温になる場所に放置しないでください。
・炎天下などの日の当たる所に放置しないでください。
・折り目部分の生地劣化も考えられる為、なるべくハンガーなどに吊るして保管してください。
・濡れたまま放置しないでください。脱色・移染の可能性があります。


●経年変化による防水性能の劣化
・レインウェアの防水処理で、PU(ポリウレタン)コーティングが施されている場合、軽量で着心地が良い反面、空気に触れた時点で劣化が始まります(レインウェアに限らずポリウレタンが含まれている衣料全般に言える事ですが)
・PUコーティングのレインウェアの寿命は製造されてから通常、約2年〜3年ほどです
(2年から3年という期間はあくまで目安であり、使用環境や取扱い方法により劣化のスピードが速まったり、長持ちするものもあります)
・劣化するとレインウェアの裏地に施してあるPUコーティングの剥離や黄変する恐れがあります。


●撥水性の低下
ご使用いただく環境や頻度により徐々に繊維表面に加工された撥水効果が低下します。

●撥水性の低下の原因
・汚れの付着によって水を弾きにくくなってしまう。
・着用頻度や洗濯回数の増加に伴い、撥水剤が生地から剥がれてしまう。


●撥水性の回復方法
低下してしまった撥水性はある程度回復させる事が可能です。撥水性の回復には市販の撥水スプレーを使用します。撥水スプレーに記載された使用方法をよく読みリペアをしてください。




レインウェアカテゴリー
レインウェアタイプ別